島村楽器 仙台長町モール店 シマブロ

島村楽器 仙台長町モール店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【管楽器】トランペットの先生に聞いてみた、オススメの練習方法!

f:id:shima_c_nagamachi:20170906202223j:plain
こんにちは、金管楽器担当の田村です。
今回は当店の音楽教室にてトランペット講師をされている名和之記(なわ ゆきのり)先生へ、
インタビューした内容をお届けします!

オススメの練習方法やレッスンの内容などなど…
参考になるお話をたくさんいただきました!

気になる内容はこちら↓

楽器について

--先生が現在メインで使われている楽器と
その気に入っている点を教えてください!(田村※以下略)

ヤマハのYTR-8335RS 25周年記念モデルで、抵抗感が強い点が気に入っています。
抵抗があるため音色が変えやすく、一本で様々なシーンで使えるのが良いですね。
そしてデザインがとても好きなんです」(名和先生※以下略)

--その楽器を選んだきっかけは何ですか?

「それまでBachを使っていたのですが、良いヤマハのトランペットも欲しいなと
思っていたんですよ。最初は25周年記念モデルのカーブしている支柱のデザインなどに惹かれて、
というのがきっかけですね」

--トランペットのメーカーも様々ある中、ヤマハを選んだ理由は何でしょう?

「やっぱり日本のメーカーの楽器を使いたい、と思ったからですね。
吹き比べてみると確かに日本人に合っていると感じます」

練習について

--先生は普段どんな練習をされていますか?

実はイメージ8割です。曲や演奏したいイメージに合わせて技術をつけていく、
という感じですね」

--そうなんですか!驚きました…。
技術や難易度に合わせて曲を選ぶ、という訳では無いんですね。

「音楽は生き物で、一人で吹いているのではなく人に聞いてもらう物だと思っているので、
本番を想定しながら、どう伝えたいか、どう作りたいか、ということをいつも考えています」

--難しい曲もまずは意識から、ですか?

テンポが早くても、音が高くても、唇の振動を意識しますね。
悪い音――というのは振動率の下がった音なんですが、
そうならないように響かせるのが重要です」

--高い音が出ない、と悩む方も多いと思いますが、そちらも振動率が重要なのでしょうか?

「そうですね。高い音を出そうと力を入れてしまうと、
唇に圧力がかかって上手く振動せず悪い音になりますし、疲れやすいですね」

--確かに、疲れやすいという悩みもよく聞きますね。
具体的にこんな姿勢が良い、というのはございますか?

「足とお腹以外の力を抜いて、胸を開くことですね。楽器は水平でなくてもいいので、
空気の通り道を作ることが大切です」

--力を入れすぎない、というのも難しいですよね。

「部活で先生や先輩に言われて姿勢を正す、という場面もよくあると思いますが
人に言われたことだけを行うと緊張して力が入ってしまい疲れますし、
一点しか覚えられなかったりするんですよね」

--そうですね。無意識のうちに悪い姿勢に戻ってしまうこともありますね。

「脇を開く、と言われたから開けるのではなく、
脇を締めると息がたっぷり吸えない、だから開く、
というように理由付けると習慣として身に付きますよ」

レッスンの内容

--島村楽器音楽教室一人ひとりに合わせたオーダーメイドレッスンなので、
それぞれ内容は違うと思いますが、主にどんなことを教えていらっしゃいますか?

「先程の理由付けと同じく、練習の意味について考えてもらいながらレッスンをしています。
曲の中で高い音があっても、ただ出そうとするのではなく高い音が出る人――つまり僕が
何故出せるのか考えてみて
、と伝えています」

--なるほど、一人で音を出そうとするよりも視野が広がりますね!

「そうなんですよ。そうすると、この息のスピードで、この吹き方で、と考えられるので
覚えやすいですし、時間を有効にできます。」

--個人レッスンの30分という時間はあっという間ですが、
人によってはご自宅であまり練習できないという方もいらっしゃいますよね?

「たくさん練習するように、とはあまり言わないですね。
むしろ少ない時間でできたことを、効率の良い練習をしたんだと褒めたりしますし、
普段忙しい方でも、レッスンの時間で上手くなりたいとやる気を持ってもらえるようにしています」

--表現の面で、重視していることはございますか?

「音楽を伝えることって、言葉を伝えることに似ていると思うので、
生徒さんの趣味や興味があることについて話したりします。感受性が育つ他にも、
はっきり喋るように演奏してみて、と伝えるとはっきりした音になったりしますよ

--吹奏楽器だからこそ、言葉は音に近いという感覚はよく分かります。

吹奏楽器以外でも、違う楽器の歌い方を学ぶのも良いですよ。
僕はチェロの歌い方を最近よく聴いています」

--チェロですか!興味深いですね、吹奏楽曲だけでなく、
様々なジャンルの音楽を聴くのが良いということでしょうか?

「そうですね。一つの分野だけ知っていてこの音が良い、というよりも
様々な分野を知っていて良い、という方が正しいですし、表現の幅が違います」

--トランペット教室の生徒さんは、大人からお子さんまで幅広い世代の方がいらっしゃいますが、
体づくりの方法などはあるのでしょうか?

「30分程度の軽いジョギングや体幹トレーニング、
それからフラッピング(唇をプルプルと振るわせること)で唇を動かしたりしています」

--肺活量があまり無い、という方でもトランペットは演奏できますか?

「実は肺活量が無いのではなく、限界まで吸えていない、という方がほとんどです。
2拍吸って、と伝えても1拍しか吸っていないことが多いので、
一瞬でなく拍全部かけて吸うようにすると良いです」

--なるほど、楽器演奏に年齢は関係ないんですね。

「そうですね、トランペットといえば体力勝負のイメージが強いと思いますが
なかなか繊細な楽器で技術でカバーできるので、そこが面白いところだと思います」

--この秋、トランペットを始める方が増えると嬉しいです!


音楽教室についての総合案内はこちら
www.shimamura.co.jp
島村楽器仙台長町モール店の金管楽器の一覧はこちら
www.shimamura.co.jp


名和之記(なわ ゆきのり) 講師プロフィール

f:id:shima_c_nagamachi:20170906202211j:plain
宮城県大崎市出身。11歳からトランペットを始め21歳の頃アメリカでトランペットとマーチングを学び世界大会に出場。ソロ部門で8位入賞。現在、県内の小・中学校、高校のマーチングバンド・吹奏楽部を指導し、プレーヤーとしてもジャズ・クラシック・マーチング等、ジャンルを問わず活動している。

講師からのメッセージ

トランペットは、クラシックはもちろん、ファンファーレからバラードまで奏でることができるとても魅力的な楽器です。未経験の方でも「楽しみたい!」という気持ちがあれば大丈夫です。一人ひとりに合わせたレッスンを行いますので、どうぞお気軽にお越し下さい!

コース概要

コース名 トランペット
講師 名和之記(なわゆきのり)
開講曜日 水曜日
レッスン形態 個人/30分
月謝 ¥9,720(税込)
運営管理費 ¥1,080(税込)
体験レッスン 申し込む
入会金 ¥10,800(税込)

お問い合わせ

店舗名 島村楽器仙台長町モール店
電話番号 022-304-2261
担当 田村
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.